乳ガン再発治療中 肺転移、肝臓転移、縦隔リンパ節、骨転移、どれも多発性の厳しい状況ですが、毎日を前向きにそして楽しい事を見つけて日々を送っています。


by mami-cat829
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

シロちゃんとハナグロ母さん。

隣のシロちゃんが私達が黒川温泉と湯布院に行く前に、凄く痩せて弱々しく声をかけても
寄って来ず気になっていました。
車をバックする時も気付かず、抱っこして道路わきに寄せましたがとても軽かった。。。
旅行から帰ってきても姿は見えず、餌をやりに来るお婆ちゃんの娘さんに聞くと、私達が
旅行に行っているときは居たのだけれど、餌は全然食べなかったそうです。
その翌日には姿を消したそうです。
猫は死ぬ時は姿を消すと言うけれど015.gif。。。歳も18歳位だったので、寿命かも知れま
せんが。。。
つい最近までとても元気で私に餌をねだったり、甘えたりと全然そんな気配がありません
でした。
でもシロちゃんが居なくなる10日程前に一緒に暮らしていた、グレーちゃんの母親の
ハナグロ母さんがどこかの猫にやられて目を怪我をして居なくなりました。
シロちゃんは人間大好きで甘えっこで、野良猫のハナグロ母さん一家を受け入れて、一緒に
車庫に作っている猫小屋に暮らしていました。
シロちゃんを飼っていたお婆ちゃんがお歳で介護が必要になり、娘さんの家に行って寂し
かったけど、ハナグロ母さんと仲良く暮らしていました。
そしてハナグロ母さんが居なくなり、甘えん坊のシロちゃんは一匹になると、急に弱って行
った様です。
私の妹家族も息子達もそして私の友人達も、人懐っこく甘えてくるシロちゃんが大好きでした。
人の気配を感じるとすぐに基地に隠れるグレーちゃんよりも、シロちゃんのほうが人気者
でした。
シロちゃんが居なくなってもう10日近くなります。多分どこかで亡くなっていると思います007.gif
シロちゃんもハナグロ母さんも一度に居なくなり、急に寂しくなりました。
シロちゃんみたいに人間好きで、誰にでも甘える猫はいませんでした。
私が仕事を休職していても、シロちゃんとハナグロ母さん一家が居たので、家でも楽しく
過ごせていました。
今ではグレーちゃんは我家の飼い猫になりました。
同じ雌猫なのにハナグロ母さん一家を受け入れる、シロちゃんの心の広さを今更ながら
感じます。
シロちゃん長い間一杯の愛をありがとう、そしてさようなら。
e0120156_15523581.jpg
[PR]
by mami-cat829 | 2008-07-09 15:33 | 日々の事