乳ガン再発治療中 肺転移、肝臓転移、縦隔リンパ節、骨転移、どれも多発性の厳しい状況ですが、毎日を前向きにそして楽しい事を見つけて日々を送っています。


by mami-cat829
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

昨日はCT結果と診察でした。

今年の6~7月頃から一気に縦隔リンパ節、肺転移の咳と症状が悪くなりました。
その後の抗がん剤ゼローダ、タキソールと効かなく食欲も無くなりタキソテールに
8月から変更しても食欲不振と嘔吐が続き、体重も10k以上も落ちてしまいました。
10月からやわらぎの湯に行って体調が戻っても、抗がん剤投与をするともくの元網で
体調も悪化して食欲の無いのはづっと続いていました。
このままでは抗がん剤が癌を叩くよりも、私の身体が弱ってしまい癌と闘う体力も無く
癌に身体を侵食されてしまうと感じていました。
いくらやわらぎの湯に行っても、タヒボを飲んでもこのままでは意味がなくなると感じました。
やわらぎの湯でも相変らず食欲が無く、体重も前回の47Kから3k痩せて44kになって
いました。008.gif

悪くなる前は手術をしても抗がん剤を投与していても、食欲はあったので57~8kから落
ちた事はありませんでした。
抗がん剤をこのまま続けていたらとどまる事を知らない体重減で、私の身体が癌と闘う
体力も無くなりると思いました。
診察の日に主人に『CTの結果は今の症状を考えると悪いと思うけど、どんな結果であっ
ても私は抗がん剤を暫らく止める。その代り代謝療法のハイパーサーミア治療とやわらぎ
の湯とタヒボに賭けてみる』と言いました。
主人も私の日々の体調を見ているのでこのまま抗がん剤を続けても、私の身体が悪くなる
一方だとここ4~5ケ月の私の状況を感じ、抗がん剤を止める事に反対はしませんでした。
私は代謝療法に賭けて体力を温存し、自分の免疫で癌と闘う事にしました。

CT結果は私の想像していた以上に肺、縦隔リンパ節より肝臓が顕著の悪化となってい
ました。
沈黙の臓器と言われる肝臓は、余程悪化しない限り症状には表れないのは知っていま
したが、想像以上の4cmの大きさになっていました。(ビックリです。005.gif)
結局抗がん剤が効かないどころか、癌に向っていかず良い細胞だけを痛めつけ、癌が
のさばりおおきく増殖したと思いました。
先生には『体力的にしんどくこれ以上抗がん剤を続けていけないので、抗がん剤を中止
します。』と伝えました。
先生も肝臓の顕著な増大にタキソテールが効かないと判断したので、ナベルビンの提案
をしてきました。
私は今は身体を休めたいのでホルモン剤の処方をお願いしました。
(ホルモン剤はヘスロン錠になりました。)
そしてハイパーサーミアを併用した治療を暫らく続けます、と先生に伝えました。

やわらぎの湯では抗がん剤を拒否して、やわらぎの湯で治療をしている人も多くいました。
腎臓がんの人で肺に転移したSさんが先生に左肺を全摘すると、一生酸素吸入が必要
かも知れないと言われましたが、肺の摘出を断わりやわらぎの湯に来ていますが私より
全然肺も丈夫です。(咳も無く息切れもしていません。)
一緒に三春駅から郡山まで電車で一緒に帰りましたが、私は駅の階段で息切れがして
とてもたって待っていられなくベンチで休んでいました。042.gifふーっ。。
電車では私の座る席を取ってくれてSさんは立っていても平気でした。
Sさんもやわらぎの湯以外にも代謝療法をしていますが、抗がん剤が合わず先生に自己
責任を取りますからと言って抗がん剤を拒否しています。

私は抗がん剤が合っていて縮小もしくは現状維持であれば、ナベルビンも選択肢に入れた
かも知れませんが、たった半年も経たない内に14kの体重減と肝臓の顕著な増大では、
自分の意思でまずは食欲と体調を戻し、癌と自己免疫で闘って行こうと硬く心に誓いました。
12月は当初は宿泊が取れなかったのですが、帰る間際にはキャンセルがあったのか
19日~26日まで予約が取れました。058.gif
次回は抗がん剤をしていないので、今までよりは岩盤も普通に入れるかな??今迄は体力
が無くベンチで横になってばかりでした。。。025.gif

それと10月の当初に紹介したやわらぎ荘で一緒だった胃癌の男性が、リンパと肝臓と
血液に転移し、医師に半年の命と宣言されましたが半年の8月を10月にはリンパも肝臓も
癌が消えていたという話を本人から聞きました。
この人に今回やわらぎの湯で会ったので、その後どうなりましたか?と尋ねると『今は血液
の癌のマーカーも正常値になった』との事でした。
この男性は当初は毎月2週間は滞在していたそうです。今は一ヶ月に一週間ですがやはり
良くなったと言う人は、毎月コンスタントに続けてきている人が多いです。
私は遠いのでそんなに頻繁には行けないかもしれませんが、他の代謝療法とやわらぎの湯
を併用しながら癌と闘って行く事にしました。
[PR]
by mami-cat829 | 2008-12-04 10:52 | 乳がん関係