乳ガン再発治療中 肺転移、肝臓転移、縦隔リンパ節、骨転移、どれも多発性の厳しい状況ですが、毎日を前向きにそして楽しい事を見つけて日々を送っています。


by mami-cat829
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

8泊9日のやわらぎを振り返って。。

やわらぎの湯から昨日の夕方帰って来ました。
やわらぎの湯に行く前はあまり体力も無く、着いた日は岩盤に入るのがやっとでした。
標高さんがやわらぎに宿泊する前日までは、体調も悪く洗濯場にいくのも億劫な程で
自分の汗なのでいいかー!と濡れた服を乾かしそれを着て岩盤をする始末でした。011.gif

やわらぎの湯で岩盤、ラジュウム温泉に入っていると、段々と体調が良くなってくるのが
実感できます。
今までは食欲もあまり無く、やわらぎの湯での食事の写真は載せられませんでした。
でも終盤は喉の通りもよくなり食欲も出てきました。
咳も暖房がかかっている日中は咳き込む事も度々で、展望風呂に上がる階段さえも肺が
苦しいのと、身体がだるく最初はあまり入りませんでしたが、段々と体調が良くなり展望
風呂も同室の人と誘い合い入っていました。
展望風呂のラジュウムの蒸気が肺に良いと信じて、一生懸命蒸気を吸っていました。
毎日3回の岩盤、お風呂、展望風呂と一日服を脱いだり着たりと忙しいです。042.gif
身体がだるく岩盤の後の風呂も、、、無理をしないのが一番とゆっくりと休んで入るように
していましたが、段々と身体も良くなってきたのか中盤頃からは少し休むだけでお風呂に
も入れるようになりました。
同室の私より少しお姉様のS姉さんとC姉さんと仲良くなり、(2人とも大変な思いをしてい
ますが、とても明るく楽しい人達で)3人でバカ話ばかりしていつも笑っていました。
どんな病状でも明るく前向きに楽しい話が出来るのが一番です。
C姉さんはC姉さんワールドを持っているほど、周りを明るく楽しくさせてくれますが、本音
は今年肺を手術をしたばかりなのにもう再発で、もう一度手術をするのは絶対嫌だ!と涙
ぐんでいました。
私はC姉さんに『まだ手術が出来るからいいじゃないの、私なんかは手術をしたくても肺も
肝臓も多発性で手術も出来ない、抗がん剤をすれば肝臓がんがものすごく大きくなった
のよ』 それにたった5mmの腫瘍だからやわらぎの湯で頑張ってから結論を出しても遅
くは無いのです。
『手術をするのが嫌なのはわかるけど、まだ手術が出来るのはラッキーな事なのよ』と話し
ました。
私も他の人も病院の治療だけの受身ではなく、自分の病気は病気は自分で守らなければ
と、皆さんやわらぎに限らずいろんな治療をしていました。
免疫療法、丸山ワクチン、サプリと皆さん自分の病気を真剣に受け止めそして立ち向かっ
ています。
私もやわらぎの湯も代替治療の一環ですが、私にはあっていると思います。
着いた当初は周りの人も心配してくれるほど、いつも横になっていましたが終盤には岩盤
の良い場所をとる為に、4時半から行って場所取りが出来るほど元気になっていました。
今は抗がん剤をしていないので、今までの様にやわらぎに行く時フラフラで行かなくても
済むかも知れません。
来月のやわらぎの湯に行くのが楽しみになっています。
次回は今よりも長く滞在しようかな?とも考えています。
来年の3月までは少しでも間隔を短く、そして長く滞在しようと考えています。
[PR]
by mami-cat829 | 2008-12-28 17:07 | 湯治