乳ガン再発治療中 肺転移、肝臓転移、縦隔リンパ節、骨転移、どれも多発性の厳しい状況ですが、毎日を前向きにそして楽しい事を見つけて日々を送っています。


by mami-cat829
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:免疫と代謝療法( 2 )

血流&松寿仙について

朝から久しぶりに少し身体がだるいです。元気な時は病気の事など忘れているのに、やはり体調が悪いと病気なんだなーと当たり前の事だけど感じます。
でも身体がだるくても食欲だけは旺盛で、健康な人より良く食べています。
(夕方になると体調も良くなりました♪(^ ^)√)

腸内を整える意味でガゴメ昆布の粉末を飲み始めてから便秘がすっかり治りました。
それまで便秘がちで最初の病院でも、温熱治療の病院でも便秘対策にプルセニドは欠かせませんでしたが、ガゴメ昆布の粉末を飲み始めてから食欲も更に(これが辛い)増しました。
乳がんにはTG(中性脂肪)が高いのは良くないけれど、前回の血液検査ではTG239Hもありました。上限値150下限値40なのでかなり高い(-  -;)。今月の検診で血液検査があるので食事と運動で体重を落とさないといけないなぁ。あ~っ(゜ ё ゜)検診日が24日なので時間が無い
なんとかせねば。。。更に悲しい事にフェマーラ2.5の副作用にコレステロール上昇。。が

次男のお嫁さんの実家から野菜の差し入れです。病気になってお野菜の届け物が多くなったような気がします。皆さんありがとう♪
e0120156_17372784.jpg

松寿仙です。 漢方医薬品で血流を良くするために飲んでいます。フェマーラ2.5の副作用の血栓症寒栓症の予防の為にも飲んでいます。会社の人に血がきれいになると数年前からから勧められていましたが、病気にならないとなかなか進んでは飲めませんでした。(何せ意思が弱いもので数年前はすぐ止めてしまいましたが、今は私は勿論身体の為に飲んでいますが、いつのまにか主人まで愛飲しています。)会社の人は20年、お母さんは40年以上も飲み続けているそうです。お母さんは80半ばですが肌も綺麗です。
e0120156_17411325.jpg

[PR]
by mami-cat829 | 2007-07-12 20:14 | 免疫と代謝療法

免疫と代謝療法(1)

今日のお弁当はしし唐とベーコンの炒め物、(しし唐は会社の人の家庭菜園です。)トマトとトーモロコシは昨日頂いたTちゃんの家庭菜園です、キューリの漬物も頂き物、あとは目玉焼きです。殆んどが人から頂き物じゃん。
e0120156_18193717.jpg

煮魚は大きすぎて。。お皿で会社へ持参しました。とても病人のお弁当とは思えない。
体重も、体脂肪もこれじゃあ減らないのは当たり前だわ(==;)
e0120156_18194857.jpg


会社で一番仲のいいRさんが肺がんで6月6日に手術をしました。6月の半ばに退院しましたが、未だに手術後の傷が痛むので、痛み止めを飲まないと我慢できないそうです。それに咳が止まらず咳止めを飲まないと苦しいとの電話がありました。術後1ケ月以上経っているので心配です。(´・` )でも初期だったので抗癌剤をする事も無く、あとは傷が癒えるだけなので痛みは辛いでしょうが時間が解決してくれます。Rさん頑張ってね!
私が腎臓摘出の時も、乳がんの時もいつも心配してくれて、励ましをしてくれていたRさん。
いくら2人が仲が良くったって同じ病気のがんになる事も無いのにね。(~~)でも神様は私達ならがんと言う手ごわい病気にも、立ち向かっていけると思ったのでしょうか?そんなわけ無いか?!。(私の方が再発と言う厳しい現実だけど。)Rさん。これからもふたりで仲良く病気に負けず毎日を楽しく生きましょう♪

乳がんが再発してから免疫療法、代謝療法に関する本を何冊か読みました。
いろいろ読んでも、何が良くて何が効くのか正直良くわかりません。でも免疫を上げることはどんな病気に対しても有効性はある。といろんな本を読んだ上で素人なりにそう思いました。そして腸内をきれいにして、血流を良くすれば免疫力は更に上がると私なりの結論に達しました。その3つ(免疫向上、腸内をきれいにする事、血液をきれいにする事。)がんに勝てないけれど負けない身体に近づけられると信じて毎日実践しています。
免疫学の安部徹先生は副交感神経を刺激して免疫力を高め、自己免疫力を引き出し延命効果、QOLを保つ事。そして一番大切なのは患者の近くにいる家族や友人の精神的な支えが大との説です。手術とか抗癌剤は基本的には否定的です。(若いときは抗がん剤を患者に当然のように使用していても、一時は良くなっても更に悪化して病院に戻り亡くなる患者を診て、免疫に目を向けたとの事だったと思います。)
私の知り合いで、抗がん剤と放射線の療法の治療で快方に向かった人もいますが、押しなべて抗がん剤の副作用で苦しむ割には結果が伴わないと言う人が多くいます。でも抗がん剤をしながら代謝療法(免疫向上)をすれば副作用はある程度軽減されるのではないかとも私は思います。

これから免疫について私なりの思った事、感じた事を時折載せて行きたいと思います。
[PR]
by mami-cat829 | 2007-07-11 19:08 | 免疫と代謝療法