乳ガン再発治療中 肺転移、肝臓転移、縦隔リンパ節、骨転移、どれも多発性の厳しい状況ですが、毎日を前向きにそして楽しい事を見つけて日々を送っています。


by mami-cat829
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:自己紹介( 2 )

先日ニュースキャスターの筑紫哲也さんが亡くなられました。
全身転移ガンで鹿児島の病院まで行き、自分の納得いく治療に専念されたようです。
でも全身転移ガンはやはり厳しいのだと実感しました。
私も全身転移ガンで、この7月から急に体調も悪化したので人事とも思えませんでした。
最後まで生きる事を諦めないで戦い抜き、最後までジャーナリストとしての心意気も失わない
でいた姿勢は素晴らしい生き方だと思いました。

7日に抗がん剤投与後、体調も優れず中々パソコンの更新も出来ませんでしたが、今日は
久しぶりに朝から起きれました。(一体いつも何時に布団から起きているんだ?005.gif)
昨年の今頃タキソテールを半年くらい投与していた頃は、まだ元気でドライブを楽しんだり
秋のイベントに良く行っていました。
里山も良く登っていましたが、今はそんな体力も無いのではかなり体調が悪くなっている事
を実感します。

この状況を脱却する為にも、私には体調に良いと感じているやわらぎの湯に又行く事を計画
しています。
体調不良のため冬物の衣替えもまだ出来ていません。。主人はあるものを着れば良いと
無理をしない様言っていてくれていたので、今日まで何もしないで横になってばかりでした
が、今日こそは朝起きれたので主人に手伝ってもらって衣替えをしよう!!023.gif
衣替えが出来たらやわらぎの湯に行けるぞ~。043.gif
もし次回やわらぎの湯に行く時は、一人なので本館の大部屋にしようかと思っていますが、
でも咳ともし嘔吐が、、、と思うと躊躇ってしまいます。(他の人に迷惑をかけられまいし、、)
でも体調が悪いからこそ本館の方が、寒い時期には身体に良いかな?とも考えます。
やわらぎの湯も一人客でも個室があれば言うことはないのにな~。

私は今年リビングニーズを申請してリビングニーズが降りました。
体調が一番悪い今だからこそ、今後の事よりも今を大切にリビングニーズを自分の為そして、
後悔しない為にも温熱(ハイパーサーミア)やわらぎの湯にも使おうと思っています。

完治しない再発そして全身転移の私は、自分の状況も現状も把握しているつもりでも、やはり
生きる望みも希望も望みも棄ててはいない、だからこそ最新の医療の抗がん剤だけでなく
代謝療法に望みをかけて頑張っているのかもしれません。
今の主治医も私の考えを全面的に否定しない先生なので、西洋医学と併せて治療が出来
る事は精神的にも助かっています。

これから先の事は解りませんが、今は私の信じている事を続けて行く事が治療にも生きて
いく事にも前向きになれます。
さて、今日は久しぶりに起きれたので、今までほったらかしにしていた事を少しずつ片付け
なくては。。。。
[PR]
by mami-cat829 | 2008-11-12 09:30 | 自己紹介

はじめに

岡山に住んでいる女性です。
乳がん⇒再発、骨に肺転移と人から見たら厳しい状況ですが、毎日明るく前向きに生きて
います。
定年後はロングスティを夢見ていましたが、叶う事もなくなりました。これからは体調の
良い時は大好きな旅行、映画、etc残りの人生を楽しく過ごしたいと思っています。

乳がんが分かったのは2005年8月末です。今思えば前兆として夜散歩していたのに
急に身体がだるくなり止めてしまったり。乳がんにかかった左の歯が虫歯と違う鈍痛が
続きました。(鎮痛剤で治めていました)それに左側の肩も半端でない凝り様でした。
マッサージにかからないと我慢できないので、マッサージにかかっていました。
ある日自分で肩回しをして凝りをほぐしていると手が胸に当たりあれ?なんだろうと
触ってみるとしこりが。。。。乳がんがすぐ頭に浮かびインターネットで調べたら、
乳がんの特徴の硬いギザギザのしこりに乳がんと確信し乳腺外科に行きました。
3.5センチのガンでした。(毎年乳がん検診をしていたのに。何故??)でもなった事は
仕方が無いので、細胞検診結果後すぐに手術の日程を決めました。
悪いものは一時も早く取りたいと思いました。術後はお決まりの抗がん剤を半年間しました。
仕事をしていたので抗がん剤の点滴の日も休まず出社していました。運転も出来ないような
辛い日も主人に乗せてもらい出社していました。
土日は起き上がる事が出来ないような日々が続きました。(今考えると無理をしたなぁ)と
思います。
術後の一年の2006年の8月に普段熱を出さない私が、38~9度の熱が一週間も
下がりませんでした。
私はすぐ再発を疑いかかりつけの乳腺外科の先生に再発の可能性があるのでは?
と尋ねましたが、再発は無いだろうと言われて泌尿科を進められましたが異常が無く、
今度は内科にまわされました。(内科で点滴をしても一向に改善されないまま)9月の
定期健診日になりました。この日は抗がん剤終了から半年経っていたのでCT検査を
行いました。(その時再発と骨転移が初めて分かりました)
骨と胸の奥にも無数の腫瘍があるとの事でした。手術も術後もお世話になったとても
いい先生でしたが、私は病気と向き合いガンと戦う気持ちが強く、自分の病気をはっきりと
把握したかったのですが、CTもPETも、毎月の採血の検査結果も知らされませんでした。
再発しなければ転院も考えませんでしたが、病気と闘う気持ちの強い私は、どんな状況で
あっても現実を真正面から受け止め、最善の努力をして悔いのない人生を送りたいと思い、
意を決して今年の1月末から別の病院のD先生に変わりました。

今の治療はゾメタの点滴とホルモン剤のフェアストン40を毎朝3錠飲んでいます。
その他独自で免疫を高めるためにいろいろと試しています。
まず生姜紅茶、生姜入りヨーグルトは朝晩必ず採っています。
冷え性で低体温だったのが改善されました。昆布の粉末で便秘の改善しています。
(腸を改善しないと免疫力もアップしないそうです。)
私の病気の状況が状況だけに今後どうなるかわかりませんが、このブログの中で
検査の結果、そしてガンの大敵であるストレス発散を旅行と趣味に費やし残りの時間を
楽しく有意義に過ごしたいと思っています。
このブログで大好きな旅行の記録とか病気の治療及び経過も残したいと思います。
今は会社に行っていますが体調が悪くなると早退する事にしています。
会社も私の病気の状況を理解してくれて配慮してくれいるので有難く思っています。
これから日々の事を折に触れて記録していきます。

2007年10月から会社を休職
ホルモン剤を変えて治療をしていましたが、7月のCTの検査結果、
肺多発性転移、骨多発性転移、リンパ節転移に加え、肝臓にも転移したので
ホルモン剤治療から抗癌剤治療を11月6日からしています。
アドリアシンとタキソールを2週に1回と4週に1回ゾメタを点滴しています。
[PR]
by mami-cat829 | 2007-05-29 16:06 | 自己紹介