乳ガン再発治療中 肺転移、肝臓転移、縦隔リンパ節、骨転移、どれも多発性の厳しい状況ですが、毎日を前向きにそして楽しい事を見つけて日々を送っています。


by mami-cat829
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:再発から転院まで( 4 )

大阪の温熱療法の病院は大阪の郊外なので家から大阪駅にかかる時間と大阪駅から病院までは同じくらい時間がかかります。往復時間と待ちを入れても5~6時間はかかります。治療よりも通院に疲れそうです。でも転移は手術が出来ないので温熱で腫瘍が小さくなるのなら、温熱にチャレンジするのも一つの選択肢と考え治療を受ける決心をしました。。
温熱治療を受けたい事を電話で温熱の技師さんに伝えました。岡山から通院するので時間は朝早い時間帯を避けてけて欲しい旨を伝えたました。T技師(女性)は当院で受けてもらうのは一向に構わないけど、岡山にも温熱をしている病院があるのでその病院を紹介しますよ、と親切に教えてくれました。私は一瞬エッ!と思いました。主治医は岡山には無い、いや知らないと言っていたので、温熱の病院はないものと思っていただけに、通院が軽減された事に安堵しました。すぐ紹介されたO病院に電話をして温熱を受けたいと告げました。(初診の場合は医院長のガン相談を受けることになっています。)
11月6日にCT、ペットの両方の画像を持参し医院長のガン相談を受けました。その時医院長は画像を見て、このままほっていたら1年も持たない。との話をしたので私より主人の方がショックを受けたようです。執刀の主治医から症状の詳しい事を聞いていないのでなおさら0医師の言葉に真実味を受けました。診断の結果週3回の温熱療法+タキソール(20ml)を一週間に一度するとの話になりました。治療は入院でとの事を告げられました。
入院中に甲状腺が原発の可能性あもあるとの事でエコー3回と組織検査は2回取りました。(最終的な結果良性との事でした。)
温熱が週3回にTS-1と胃薬とゾメタとタキソール(20mlと少なく)抗癌剤の副作用はあまりありませんでした。入院中も免疫効果を高めるために生姜紅茶、生姜入りヨーグルトほかキャッツキロー、ガゴメ昆布の粉末などを飲んでいました。
抗癌剤の量が少ないからなのか、免疫を高める事をしているからなのか、抗癌剤の副作用はありませんでしたが手と足の爪は真っ黒になりました。
土日は治療が無いので毎週家に帰っていました。会社も温熱はじっくり腰をすえて治療しないと効果が無いので、半年ほど入院してもいいと社長が言ってくれました。
言葉に甘えて2ケ月入院していましたが、甲状腺の手術をするとの話になり、私が良性なら今切らなくてもいいのではと断りましたが、悪性になってからでは遅いので早いうちに手術をした方が良いと言わました。私は良性であるなら手術はしたくなかったし、他の先生にも診断してもらい意見を聞きたかったのですが、そんな事が出来る雰囲気ではありませんでした。そのうち骨転移の大腿骨に放射線を50日位するとの話になり、放射線科の先生に説明を受けました。
もうこの時点で退院する事を自分で決めました。看護師さん達も(まゆたんは)専門の科に行ったほうが良いと言ってくれていました。(私も最初は温熱だけの治療のつもりでした。)決断したら早くすぐ今の病院のD先生に紹介状を書いてもらい退院しました。決めたと思ったらあっという間に退院するんだなあ、と会社の人もビックリです。
0病院では2ケ月の間にCTを何枚も、ペット、MRI、エコーと膨大な資料がありましたがCDRMに取り込んでいたものを渡されたので、画像がよく解らず結局新たにCTを撮る事になりました。
紹介してもらったD医師に甲状腺の事を尋ねると手術をする事は無い。無駄な手術はしないと言われました。ホッ(^・^)もうこれ以上傷は付けたくない。まして顔に近い場所だし~(その歳で気にする事は無いだろうとの声が。。。(´_`;) )  放射線にしてもゾメタの治療で十分、放射線をする事は今のところ無いと言われました。またまたホッ(^・^)です。
CTの画像ヲパソコンで説明後はプリントアウト(技師さんの所見入り)して渡してもらいました。
再発、転移自体が楽観できる状況ではないのでしょうが、D医師はホルモン剤もいろいろあるので最初から抗癌剤の治療でなく、まずはホルモン剤から治療を始めましょう。それに仕事をしても勿論大丈夫との事でした。(CTの画像の説明もプリントアウトは当たり前の事かも知れませんが、)どんな症状であっても自分身体がどんな状況か判らないほど不安な事はありません。
私がプチガン難民に陥ったのも、自分の意思でなりたくてなったわけでもなく、手術を執刀した病院には自分のガンの組織も性質も残っているので、それを元に治療が一番望ましいと思います。でも医師との意思の疎通が特にガン患者には必要です。医者任せで患者の考えを押し殺してする治療、そして自分の病状を把握しないまま治療をする事はガン患者には一番の悲劇です。もし今の治療に疑問、不満がある人は、自分の命は医師だけでなく自分も守ると言う気持を持って欲しいと思います。私の経験は特異かもしれませんが今悩んでいる人の参考になればと思います。

私の入院中に骨髄移植をしたTさんが拒絶反応に苦しみ、隔離の部屋から出ることも無く帰らぬ人になりました。入院中で葬儀にも参列出来ず心を痛めていましたが、部長がTさんの笑顔の遺影をメールで送ってくれました。私も気分だけ参列できた気持になりました。
会社の皆に愛され、信頼され、仕事も出来たTさん。Tさんに期待していた社長、部長のショックはいかばかりかと思いました。
[PR]
by mami-cat829 | 2007-07-08 21:01 | 再発から転院まで
再発転院の経緯の記述は主治医だった先生を非難する意味で書き込んでいるのではありません。手術の執刀でもお世話になり、傷がなかなか癒えない時も、休診日に当直であればわざわざ時間を取って治療してくれました。
でも再発前後の事もありこのままの治療でいいのだろか?と自分の病気を真剣に考え始め、結果いろんな経緯を経て転院しました。

10月3日 K病院でペット検査を9時から受ける。検査後に医師から簡単な説明を受ける、胸の数箇所に転移、大腿骨の骨に転移と甲状腺左葉に取り込みありとの検査結果でした。フイルムは通院している病院に郵送しますとの事でした。
10月6日 乳腺外科にペット検査の結果を聞きに行きました。K病院で結果を聞いているので覚悟をしていきました。(CT検査もそうですが)ペット検査の結果報告を聞きに行っても、当然患者に説明するフイルムを用意していません。(腎臓摘出の時の先生はCT検査結果の度にフイルムを並べ詳しく説明をしてくれました)乳腺外科の先生のやり方なのか私以外もフイルム無しでの診察と後で聞きました。でもペット検査のフイルムが無いと、自分の身体が今どの様な状況になっているのか余計に不安になり、先生にどんな状況ですか?どこまで進行していますか?と尋ねたら胸の奥に転移が無数あるのと骨に(大腿骨)に転移しているとの話です。。(フイルムが無いので)胸のどこの位置にどの位の数転移しているのか尋ねても、いくらあるかわからん。と曖昧な返事しか返らなく再発がわかった以上厳しい状況なので、これから先生と二人三脚で自分の病気と闘っていかなければいけないのに、正直再発の不安よりこれから先生との信頼関係に不安を持ちました。
帰宅後主人に先生との話をきかれても、先生の説明が曖昧なのでそのまま伝えると主人は私が先生との話を隠して主人に伝えていると誤解しました。(厳しい状況なので私がいいたくないと思っていたみたいです)疑っている主人に納得してもらうためにも、次回の検診日には主人にも来てもらう事にしました。(東京の息子は病院を替えるかセカンドオピニオンを勧めました。でも病院を変わることも、先生を代えることの勇気はなかなか出来ませんでした。)

10月16日 会社の男性社員のTさんが悪性リンパ腫で1年半前から治療していましたが、最終的な治療法は骨髄移植しかないとの事でこの日に手術をしました。一度決まっていた骨髄移植が間際になって骨髄移植提供者の家族の反対で中止になった事がありました。なかなか適合者がいなくやっと手術にこぎつけました。がん患者同士お互いに励ましあった仲なので成功を祈りました。***移植手術は成功し、会社中で喜びましたが本当の戦いはこれからです。拒絶反応を乗り超え初めて手術の成功かも知れません。ガンバッてTさん!****

会社の社長が地方新聞に温熱療法の記事が載っているのを持ってきて、治療を試してみる価値があるかもしれないとの話をしました。正直自分の再発の状況が解りにくいだけに良いと思えるものは何でも試したいとの思いになりました。(新聞に載っていた病院は大阪でした。)
10月31日に乳腺外科の検診日で主人と一緒に行きました。主人への説明も私の説明と変わらず、主人も私が先生から聞いた話を隠していない事を信用しました。
先生に温熱療法を試してみたいと新聞持参で行きました。大阪の病院は遠いので、地元の病院で温熱をしている病院を紹介して欲しい旨を伝えましたが、地元は知らないから大阪の病院に紹介状を書くと言って大阪の病院に紹介状を書いてくれました。この時CTフイルムの貸し出しをお願いしましたが、病院の受付での受取でした。家に帰ってフイルムを見ても なんじゃこりゃ~です。素人が見みたら何がなんだか?。(´_`;)先生に説明されないとどこに転移しているのか?ただのレントゲンです。結局高いお金を払って撮ったCTもペットも水の泡?でも紹介状とフイルムの貸し出しをしてもらえたので遠くても大阪の病院に通う事にしました。

乳がんの再発から転院までの過程(4)に続きます。

(ひとりごと)
今日も胸の違和感が消えない。肺に転移しているだけに心配です。薬以外で自分の出来る事はやって行こう。。ヨガ、太極拳と出来ることから続けていく事にします。
[PR]
by mami-cat829 | 2007-07-05 19:40 | 再発から転院まで
9月5日 頻尿と熱が38度から下がらない。熱を出す事はあまり無いので再発を疑い、病院に緊急予約を入れ乳腺外科に行きました。先生に最近の症状を伝え 再発ではないですか?と尋ねると、先生は(検査もしないで)そんな事(再発)は無いと言い、泌尿科に行くよう進められました。患者が再発の不安を口にしても何の検査もしなく、他の科の診療を進めることに?と疑問に感じました。
9月6日 翌日同病院の泌尿科に診察に行く。泌尿科の医師は平成15年に左の腎臓摘出の執刀医で、乳がん手術で入院中は毎日顔を覗ぞき、私の体調に気を使ってくれていました。尿検査の結果では膀胱炎の菌は出ていないと言われ、薬は出せないので乳腺外科にもう一度行くように言われました。
9月7日 再び乳腺外科に行き泌尿科では膀胱炎の疑いはないと言われた旨を告げ、再発の 有無を再度尋ねると再発は考えられないので今度は内科に行って調べてもらうよう言われました。総合病院は混むので近くの内科にした方が良いと言われ、近所の内科に行く事にしました。
9月8日 近所のK内科に行き、症状を話した上で泌尿科に行った事も、膀胱炎ではないことを伝えました。診察後、血液検査、尿検査、レントゲン検査をするとの事でした。レントゲン検査は今の症状では不必要では?と断りましたが却下されました。
先生の診断は腎盂炎との結論でその日にすぐ点滴を打つ事になりました。数年前この病院で点滴をした時、体の中に一滴でも入ると拒絶反応を起こし胃の中のものを全部吐き出すほど、強いアレルギーを受けた点滴をされた事がありました。その点滴をすると命にも係わりかねないので、先生に以前の状況を話しその点滴だけは絶対に使用しないでくださいと強く要望しました。(携帯にその点滴の名前を入れていましたが運悪く持参していなく。)あれほどお願いしていたのに信じられない事に同じ点滴をされてしまいました。当然すぐに拒絶反応を起こし胃の中のものを全部はいてしまいました。(周りの人が驚くほどの苦しみようです)点滴を替えて投与しようとしましたが、チューブと針に拒絶反応を起こした点滴が残っているので全部の交換を御願いしました。後から先生が『悪い悪い今度はカルテに記入しとくから』にギェッ!こんな大事な事を以前カルテに記入していなかったのかい(- -")!!プンプン!
      **うるさい患者だと訴えられるぞ~!***
そんなこんなで他の点滴に変えました。点滴を一週間すると良くなると言われましたが、一週間点滴しても症状は依然改善されませんでした。
9月16日 内科で症状が緩和されないので個人のY泌尿科に行き尿検査をしましたが、内科で腎盂炎の治療をしているので診断は難しいといわれる。症状が膀胱炎に近いので一番身体に優しい薬を一週間処方されました。
Y泌尿科の薬で体調も回復したので病院通いは終了しました。
9月26日乳腺外科の定期健診日に抗癌剤終了後半年経過しているので、CT検査を受けました。CTの検査結果先生から胸に影があるので再発の可能性がある事を伝えられる。
月初めに再発では?と診察に行ったのに、再発の可能性は無いと各科にまわされたので納得がいかない。よー(~~;)
主治医は慌てて?ペット検査をするように、ペット検査のできる病院に予約を入れました。
10月3日ペット検査のできるK病院に行きペット検査を受ける。

乳がんの再発から転院までの過程(3)に続きます。
[PR]
by mami-cat829 | 2007-07-03 23:14 | 再発から転院まで

乳がんと診断された時、私は乳がんは切ってしまえば治るとの安易な考えがありました。
術後も主治医の言うとおりに治療を受けていました。
再発して初めて主治医の言うとおりに治療を受ける事に疑問を持ち、自分の病気は自分が一番良く知り把握していなければ、自分でがんに向かって治療する事が出来ないと思いました。
もし再発をしなかったら転院をしていなかったかも知れません。病院を代わることには勇気がいりましたが、いろんな経緯を経て今年の1月に転院をしました。
今ではどんなに厳しい状況であれ、自分の病気がどこまで進んでいて、自分は何をしていけば一番病気と戦えるかも把握できます。あのまま転院していなかったら自分の病気を正しく理解できないまま治療を受けていたと思います。
私の再発から転院の記録を残し、今の治療に不安、不満を持っている人がいたら、始めの一歩を踏み出せるきっかけになればと思います。

平成17年9月に乳がんの温存手術をしました。毎年乳がん検診を13年以上欠かした事がありませんでした。毎年見過ごされていたのかな?(それとも急に大きくなったのかな?)結局は自分で乳がんを発見しました。手術は会社から近い事もあり(乳がん検診を受けていた病院で手術をする事になりました。)温存手術+腋窩リンパ節清術施行。
2週間の入院で退院後すぐに職場復帰しました。
術後は半年間抗癌剤治療を行いました。(CMFを6クール)抗癌剤治療中も会社に出勤する予定だったので癌剤を始めるに当たりウィッグを購入しました。抗癌剤をしても脱毛は起こらず結局ウイッグを使用する事はありませんでした。抗癌剤の治療を受けるに当たり主治医から、キツイのト穏やかな抗癌剤のどっちをする?と提案されました。(選択を求められれば患者は当然キツクない抗癌剤を選択すると思います。)
平成18年3月末に抗癌剤終了、その後ホルモン剤のアルミデクスを内服し、毎月一回受診がありましたが血液検査とアルミデクスの受け取りだけでした。(血液検査をしても何の資料も結果を知らされませんでした。)
それでも何も無いから知らされないのだと良い方に解釈していました。(呑気な性格の私は再発する事など考えていませんでした。)
それから2ケ月たった6月に東京の息子から、念のためにペット検査を受けた方が良いのではないかとの連絡が入りました。
息子の勤めている会社の付属の病院で、最新のペットが導入したので東京に受けに来るよう勧められました。(旅費と費用は持つので受けた方が良いと強く勧められました。)保険適用には主治医の診断書も必要なので先生にペットを受けたい旨を相談するとペットを受けてもあまり意味が無いので受けなくても良い旨の事を言われました。(先生にそこまで言われると言う事は、私は再発はしないのかも知れないと思うようになっていました。)
でも息子は心配していて玉川温泉の家庭用のお風呂用を送ってきました。7月には一週間ほどですが秋田の玉川温泉に行ってきました。(1週間位では玉川温泉の効果の期待は出来ません。)本格的に臨む人は1~3ケ月と湯治棟に泊り、治癒に努めていました)。この時も再発するなど考えていなくて、息子に勧められたこともあり玉川温泉に行ったと言うのが本音です。
8月のお盆休みには信州、軽井沢方面に2泊3日のバスツアーに参加しました。現地まで8時間近くパスで移動の強行軍でしたが、そんなに疲れる事も無く楽しい旅行になりました。ただ乳がん発生の左の奥歯が、神経を逆なでするくらいの激痛が続き鎮痛剤で抑えていました。同時に左肩も半端でない肩こりを感じていましたが、歯痛のせいで肩こりになっているのだと思っていました。
肩こりも尋常なこりで我慢できなくマッサージに通いましたが、それでも肩の凝りは完全に緩和されませんでした。
(今思えば乳がんの危険信号だったのでしょうね)
私も再発ではないか?と感じ始めていたので当時の状況を詳しく残していました。
平成18年の8月25日頃から胸の奥に鈍い痛みが出る。(肺への転移ではないかと不安になる)数日間痛みが続く
8月の末に痛みが少し和らぐ(今思えば胸の奥のリンパに転移していたから傷んでいたのだと思います。)
『9月2日』 福山の妹の家に泊りに行く。妹の家に着くなり頻繁にトイレに行く。寒気と悪寒で
       体調不l良で横になりゴロゴロして過ごす。
『9月3日』 熱が38度以上がり一向に下がらず妹の家を後にする。

乳がん再発から転移までの過程(2)に続きます。
[PR]
by mami-cat829 | 2007-07-02 20:05 | 再発から転院まで